若白髪を予防・改善

生活習慣の改善で若白髪を予防・改善

遺伝や病気が原因で若白髪になってしまうこともありますが、若くして白髪が生えてしまう原因の多くは、生活習慣や食生活など、自分自身で改善できることが多いようです。

 

病気が原因で若白髪になってしまう場合でも、ある日突然、病気が発症して真っ黒だった髪が真っ白になってしまうというケースはかなり稀で、ほとんどの場合には、生活習慣や食生活などの変化によって少しずつ病気が始まり、白髪の数も少しずつ増えていきます。

 

そのため、白髪が生える年齢ではないのに髪が白くなり始めたら、まずは生活習慣を改善してみることが必要です。

 

それによって、生え始めた若白髪が少なくなるということも期待できますし、予防にもつながります。

 

生活習慣の中でも、体の新陳代謝に大きな関係があるのは睡眠時間です。忙しく夜中まで仕事をしている社会人の中には、不規則な生活をしていて慢性的な睡眠不足という人も多いですし、最近では子供でも、夜遅くまで塾で受験勉強をしたり、テレビゲームをしたりして睡眠不足になっていることが少なくありません。

 

毎日の疲労やストレスを解消してくれる睡眠は、人間にとっては老化にストップをかける役目も果たしているため、どんなに忙しくても睡眠時間をきちんと毎日確保することで若白髪を減らすことにもつながります。

 

白髪予防のために理想的なのは毎日7時間程度の睡眠です。そんなに確保できないという場合には、短時間でもグッスリと質の良い睡眠ができるように心がけると良いでしょう。