若白髪について

小学生でも若白髪になる子がいます

社会人になってある程度の年齢になれば、周囲に白髪の人がいなくても、「ストレスかな…」「そろそろ老化現象が始まったのかな…」と自分なりに生え始めた白髪を納得して受け入れることもできると思います。

 

しかし、老化現象と呼ぶにはあまりにも早すぎる小学生ぐらいの年齢だと、その子供の精神的なストレスは計り知れません。

 

老化現象による白髪は一般的には30代頃から始まるため、小学生という年齢では、老化現象という理由は該当しません。このぐらい若い年齢で髪が白くなってしまうのは、遺伝的な要因が大きいと考えられます。

 

遺伝的な原因によって若白髪になっている場合には、現代の医学で治療することは難しいため、髪の白さを隠すためには白髪染めを使うという方法しかないわけですが、小学生という小さい年齢では、なかなか自分から進んで定期的に髪を染めるという作業をしたがる子供は少ないでしょう。

 

しかし、だからと言って白髪を放置していると、本人の精神的なストレスにもなりますし、周囲からいじめの対象になってしまうことも考えられます。

 

本人にできるだけ面倒だと思わせることなく、生えてくる髪をコンスタントに染め続けるためには、シャンプーの後に素手でも使えるトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

 

毎日のシャンプーで使えるので、根元から生えてくる髪もスピーディに染めることができますし、一回の放置時間が短いので、お風呂の中で使えば、湯船につかっている間に髪を確実に染めることができるというメリットもあります。