若白髪について

若白髪とは?何が原因なの?

白髪は老化現象の一つで、30代に入れば誰でもチラホラと髪が白くなり始めるものです。

 

しかし、老化現象とは考えにくい10代や20代の年齢でも、髪が白くなってしまうケースがあります。これが、若白髪と呼ばれるタイプの白髪ですね。

 

老化現象によるものなのか、それとも別の所に原因があるのかは、白髪が生える年齢によって判断することが多いようです。

 

もちろん、30代に入ってもストレスや生活習慣、疾病などによって白髪が出るケースもありますが、その場合には老化現象との区別がなかなかつけにくいため、疾病などに気づかずに白髪染めと仲良く付き合っていくという人も多いようです。

 

若白髪の中には、遺伝など自分ではどうすることもできない原因によって白髪になってしまうケースもあります。しかし、多くの場合には生活習慣やストレス、ダイエットなど、自分である程度コントロールできる要因によって髪が白くなっていることも多いです。

 

髪が作られる毛母細胞は、頭皮の毛穴の奥深い部分にあり、毛母細胞でメラニン色素がたくさん作られることによって、黒い髪が生えてくるというメカニズムになっています。

 

ストレスやダイエットなどが原因で頭皮の血行が悪くなってしまうと、頭皮の毛母細胞に十分な栄養が行き渡らくなってしまうため、メラニン色素が作られないまま髪が生えてしまい、それが白髪となってしまうわけです。

 

若白髪は、生活習慣を改善したり、ダイエットやストレスを改善することによってある程度自然治癒することは可能です。また、十分な睡眠時間を確保することも、若白髪予防には効果的です。